■離乳食・幼児食

ワーママを楽にする!幼児食の便利グッズを紹介

離乳食が終わる1歳6ヶ月以降になると幼児食に移行します。

幼児食は大人の食事から取り分けができることも多く、食事作りが楽になります!

管理栄養士ママが幼児食を作ってみて、便利だったアイテムを紹介します。

管理栄養士おすすめ!幼児食の便利グッズ

仕切り付きワンプレート皿

ごはんやおかず、デザートをワンプレートにできるので、洗い物が減らせて便利!

かわいいキャラクターのものもたくさん出ているので、お子さんの趣味に合わせて選ぶと、楽しく食事をしてくれるようになりますよ。

BPAフリーのものを選ぶと安心です。

ののじ子供用スプーン

離乳食では主に食事を食べさせるための形のスプーンでしたが、離乳食用のスプーンからステップアップして、自分で食べられるスプーンを使うことになります。

介護食用品でも使われていて使いやすいと評判の、「ののじ子供用スプーン」にしました。

3歳頃からと書いてありますが、すくう面が広いので2歳ごろから使っています。

オクソーフードカッター

こちらのフードカッターは、離乳食や幼児食向けの製品ではありませんが、幼児食で頻繁に使われる、野菜のみじん切りをするのに便利で重宝します。

幼児食の便利グッズまとめ

便利グッズがあると時短になるので、忙しいワーママにはとってもおすすめです。

今後も便利なアイテムを紹介していきます。

ABOUT ME
みのり
みのり
2歳の男の子を育てているアラフォーママ。 管理栄養士歴は15年。 離乳食・幼児食のレシピや便利グッズについて書いています。