■知育

管理栄養士ママがすすめる家庭でできる1歳からの食育

食育というと、すごく難しい気がしますが、食事は1日3食食べるもの。

生活のなかで少しずつ取り入れていくと良いと思います。

実際に、管理栄養士である私が行っている食育を紹介します。

1.みかんの皮むき

みかんの皮むきは、かんたんにできる食育です。

手先を器用に使うこと、皮の感触を感じること、皮をむいたら甘酸っぱい実が入っていることがわかります。

2.バナナをナイフでカットする

こどもにはバナナの皮をむかせてみる。

その後、バナナをバターナイフを使ってカットします。

バターナイフならこどもが持っても危なくないので、おすすめです。

食べるときはフォークを使って食べるようにします。

3.お米をとぐ

お米をとぐことも、かんたんでおすすめです。

まずは水を入れずにお米を触る、サラサラとした感触を試してもらう。

次に、水を入れて研ぎながら、お米の感触を確かめてもらいます。

お米が炊けたら、食べるときに先ほどといだお米だということを伝えます。

4.野菜を育ててみる

野菜の栽培キットで野菜を育ててみましょう。

育てやすくてこどもでも食べられるミニトマトがおすすめ。

 

1歳からの家庭でできる食育まとめ

いかがでしょうか。

家庭でできるかんたんなものばかり紹介しました。

ぜひ試してみてくださいね!

ABOUT ME
みのり
3歳の男の子を育てているアラフォーママ。 管理栄養士歴は15年。 離乳食・幼児食のレシピや便利グッズについて書いています。